タイ あれこれ

skawada.exblog.jp
ブログトップ
2008年 12月 28日

バンコクのスコール

11月の初旬にバンコクに行った時の写真です。11月はほぼ、雨季も終わりになって来ます。でも、タイらしいスコールに会いました。宿を出る時は青空でしたが、1時間もしない内に、空が暗くなり、あっという間に雨が降り出して来ました。その内に雷も鳴り出し、すごい雨になりました。傘など何の役にも立たないようなすごい土砂降りです。近くに在ったスターバックスに入っての雨宿りです。外の屋台は、どの店の人も、屋台にシートを被せて、軒先に雨宿りです。でも、1時間もしない内に、青空になって来ました。これぞ、熱帯地方だと、つくづく感じました。
 バンコクは、排水が悪い所が多く、スコールの度に、このように道路が水浸しになります。 バンコクの年中行事みたいなものですね。まだ、まだ、インフラが遅れていますね。

タイシルクのスカーフやショール、また、ジム・トンプソンのポーチ、バッグなどのタイのお土産は「タイタイタイ」をご覧下さい。
b0003360_1592664.jpg


by saladaengstore | 2008-12-28 15:10 | バンコクの風景 | Comments(2)
Commented by nick726 at 2008-12-29 11:15
そうですねえ~
これでこそまさしく熱帯地域でしょう。
タイは数えるほどしか行ってなくてスコールにも遭ったことはないのですが、シンガポールではちょこちょこでした。
俄かに一転描き曇り~って感じで… 大粒の雨であたり一面びしょびしょ!  雷もすごいですよね。  でも30分前後で雨と雷のライブショウはお終い。
現池の人はいたって平気で雨後は何も無かったかのように人通りが戻ります。
変化が有って楽しいと思いましたが…
それにしても室内の冷房の利き方には何度行っても慣れません。
まるで赤道直下から南極に放り出されたみたいです。
Commented by saladaengstore at 2008-12-29 14:22 x
ni ckさん こんにちは。中と外との温度差は凄いですね。真夏の4,5月頃などは特に、外は40度近く有りますが、電車やビルの中は20度位で、その温度差は20度は有りますね。冷蔵庫とサウナを出入りするような感じがしますね。省エネなんて関係ない感じで、冷房はどこもバンバン冷やしていますね。


<< レストランのメニュー看板      木彫りの人形 >>