タイ あれこれ

skawada.exblog.jp
ブログトップ
2009年 01月 01日

レストランのメニュー看板

 明けまして、おめでとうございます。これからも、タイの様子を主として、お届けしてゆきたいと思います(時たま、日本や他の国なども)。今年も宜しくお願い致します。

 バンコクの中心地アソーク近辺を歩いていたら、木々に囲まれた洒落たレストランが在りました。なかなか高級そうで、気安く入るような感じのレストランでありませんでした。でも、道路沿いにレストランのメニューが大きな看板が出ていました。美味しそうな料理の絵が書かれており、しかも、値段もそんなに高くはないようです。これなら、初めてのお客さんでも安心して入れますね。グッドアイデアですね。私は、あいにく、食事の直後でしたので、入りませんでしたが。

タイシルクのスカーフやショール、ジム・トンプソンのポーチやバッグなどのタイのお土産は「タイタイタイ」をご覧下さい。
b0003360_19391486.jpg


by saladaengstore | 2009-01-01 19:40 | バンコクの風景 | Comments(2)
Commented by nick726 at 2009-01-02 01:24
明けましておめでとうございます。  今年もよろしくお願いします。
料理のフォトがが入っているメニューはたぶん日本が起源ではないかと思うのですが…
海外で何が困るかと云うと食事のときのメニュー。
私の場合はしつこく聞くのですが、掲載されているものを全て聞くわけには行かず、最終的には現地でポピュラーな料理でお勧めはとなります。
出てくるまでわくわくしてますが…
量的な問題も有りますしね。  特に中国料理の場合などは一人旅の多い者には困ります。
フォトがついていれば内容も量も有る程度把握できるのでかぶることも少ないですよね。
Commented by saladaengstore at 2009-01-02 15:35
nickさん コメント有難うございました。外国でレストランに入ると、日本のように写真入のメニューですといいのですが、うっかり入って、文字だけのメニューが出てきたら、苦労しますね。タイでは、大体写真が付いていますから、問題は余り無いのですが、他の国に行くと、困りますね。いつも慣れた2,3種類の料理の中から注文することになってしまいますね。今年こそ、珍しい料理に挑戦したいですね。


<< 屋台のお惣菜屋さん      バンコクのスコール >>