タイ あれこれ

skawada.exblog.jp
ブログトップ
2012年 06月 17日

朝のチョノンシー駅前

 高架鉄道BTSチョノンシー駅前の朝の風景です。早朝から屋台が準備され、通勤時には屋台がフル稼働しています。次から次へと通勤者は、昼食の料理を買って行きます。屋台は休む暇なく、手際良く注文をさばいています。暫く観察していると、この屋台だけで結構いい収入になるのが分かります。十分家族を養う収入になるのがうなずけます。家で料理を作ることの少ないタイの人達の大事な台所なのでしょうね。

タイシルクのスカーフやショール、またポーチなどのタイのお土産は「タイタイタイ」をご覧下さい。
b0003360_6551244.jpg


by saladaengstore | 2012-06-17 06:56 | バンコクの風景 | Comments(4)
Commented by Nick726 at 2012-06-17 10:26
おはようございます。
台湾やシンガポールなども朝食は屋台で取ることが多いようですね。
タイでも同様なんですね。

日本の文化ではちょっと考えにくいのですが…
でも、喫茶店でモーニングなんか有って同じことなのかもしれませんね。

Commented by saladaengstores at 2012-06-17 14:26 x
喫茶店でのモーニングなんて懐かしいですね。単身赴任では、ほとんど毎日モーニングのお世話になりました。モーニングにコーヒーは最高でしたね。
Commented by Nick726 at 2012-06-18 10:30
saladaengstores さんも単身赴任されていたんですね。
私も結構単身赴任が多くて延べにすると7~8年に成りますかね。
本社が大阪だったのですが情報量は東京のほうが格段に多く1~2年間隔で行ったり来たりしていました。
でも毎月曜日に本社での会議に出ていたので週末には自宅に帰る生活で単身赴任って感じじゃあなかったですね。
Commented by saladaengstore at 2012-06-20 07:28
nickさん おはようございます。
私は、nickさんとは反対に本社が東京で、在職中は東京と大阪勤務がほとんどでした。大阪勤務は、本当に楽しかったですね。仕事では、北新地、遊びでは、「ミナミ」には良く行きました。いついっても、本当に楽しませてくれましたね。すごく懐かしいですね。いい思い出です。


<< チャオプラヤ川添えの高層ホテル      アユタヤ遺跡 >>