タイ あれこれ

skawada.exblog.jp
ブログトップ
2012年 09月 07日

タイシルク工場

バンコクの北西に約4時間ほど車で走るとコラートの街に出ます。そこから更に約1時間ほど走ると高級タイシルクの本場パクトンチャイの街に出ます。コラートまでは、以前来たことがありますが、なかなかパクトンチャイまでは行けませんでした。今回は、繭から糸を紡ぎ、素晴らしい生地を手作りで製作しているところを一貫して見学できました。このように長い工程を経て、素晴らしいスカーフやストールができるのです。こんな大変な作業を見学させて頂いて感じたことは、仕入の時には、むやみに値引きをするのは、少し控えなければならないと実感しました。

タイシルクのスカーフ、ストールやポーチなどのタイのお土産は「タイタイタイ」をご覧下さい。
b0003360_19242666.jpg

b0003360_19251046.jpg

b0003360_192552100.jpg

b0003360_19262925.jpg


by saladaengstore | 2012-09-07 19:27 | Comments(2)
Commented by Nick726 at 2012-09-18 21:29
奈良の極細素麺で揖保の糸と云うのが有りますが… 干してる姿は素麺工場みたいです。
着色した絹糸は艶が有って綺麗ですねえ~

Commented by saladaengstore at 2012-09-26 18:55 x
nickさん こんばんは。タイの繭は、日本の繭よりも大きいんですね。そして、光沢がとても素晴らしいんです。そんな繭から手作りで布をおって行きます。こんな製造工程を見ていると、仕入の時に値引きもほどほとにしないと、作っている人に申し訳ないような気になりました。


<< タイのニューハーフショー      チャオプラヤ川添えの高層ホテル >>