タイ あれこれ

skawada.exblog.jp
ブログトップ
2015年 06月 05日

人形使いの小学生

 タイでは各地で夜になるとナイトバザールが開かれていますが、食べ物は勿論衣料品などいろいろな物が売られています。そんな中でこの写真のような小学生と思われる子供たちがいろいろな芸を見せていることが多々あります。恐らく自分たちの学費や家族の生活費の支援をしているのではないかと思います。小さい時から自分たちで稼ぐことを学び実行しているのではないかと思います。税金に依る支援のみではなく、小さい時から出来るだけ自分たちで自立していこうという気風が培われているように感じました。地域での助け合いが当たり前のタイではこれからは日本のお手本ではないかと感じました。

  タイシルクのスカーフやストール、ポーチ等のタイのお土産は「タイタイタイ」をご覧ください。
b0003360_17245877.jpg


by saladaengstore | 2015-06-05 17:26 | バンコクの風景 | Comments(2)
Commented by Nick726 at 2015-06-06 16:07
こんにちは。
諸外国は日本と比べると親離れが早いように思われ、自分で判断し行動する力に長けているように思われます。  日本の場合は過保護過ぎるのでは???
Commented by saladaengstore at 2015-06-07 15:33
タイでは地域での助け合いがごく普通に行われているようですが、こんな小さなときからの訓練が生きて来るのでしょうか。


<< 露店の焼き鳥屋      露店の果物 >>