タイ あれこれ

skawada.exblog.jp
ブログトップ
2016年 11月 19日

バンコクの広告映像

 先月10月13日にタイのプミポン国王が死去されてから1か月以上が経ちますが、バンコクの中心街サイアム地区にあります巨大な広告映像も国王の黒塗りの写真が大きく写されています。1年間を喪に伏すとのことですが、その通りあらゆる広告が従っている感じです。タイの人達の国王に対する気持ちが強いことを目の当たりにした感じです。いままでもタクシン派と反タクシン派との紛争が何回も有りましたが、最後は国王が仲裁に入って収集したのを目にして来ても、国民の国王に対する気持ちが並大抵のものでないことを再三見て来ました。今後はどのようになっていくのでしょうか。国王が変わっても賢いタイ人のことですから、上手く収拾していくようにも感じます。

      タイシルクのスカーフやストール、ポーチ、バッグ等のタイのお土産は「タイタイタイ」をご覧下さい。
b0003360_18123240.jpg


by saladaengstore | 2016-11-19 18:13 | バンコクの風景 | Comments(0)


<< ジム・トンプソンの家でのコーヒー      バンコク中央駅 >>