タイ あれこれ

skawada.exblog.jp
ブログトップ
2005年 06月 08日

ワールドカップが見える唯一のホテル

本日(6/8)の日本時間で午後7時35分(タイは-2時間で午後5時35分)からバンコクのほぼ中心地にありますスパチャラサイ国立競技場で待望のサッカーワールドカップアジア最終予選B組の日本対北朝鮮の試合があります。無観客試合ですが、結構大勢のサポーターがバンコクに行っているようです。バンコクには一説によると10万人位の日本人が居るとも言われています。大いに盛り上がっていることでしょう。日本企業も多数進出しており、大勢のタイ人も日本を応援してくれているようにも聞いております。この写真は前にMBK(マーブンクローン・センター)の紹介で掲載しませたが、この写真の一番奥の右側に見える高い建物が、この試合を唯一見ることの出来るホテルのパトゥム・プリンセスホテルです。今回の試合で俄然有名になりました。サッカーの見える部屋のほとんどは日本人の宿泊だそうです。実は、私も5年前に初めてバンコクに行ったときに宿泊したホテルがこのパトゥム・プリンセスホテルでした。インターネットでさんざん検索してようやく納得して決めたホテルでした。29階建てですが、確か、25階位の部屋に泊ったように記憶しております。バンコクの市街が一望でき、また、巨大ショッピングセンターのマーブンクローン・センター(MBK)と直結しており、また高架鉄道BTSのナショナルスタジアム駅にも直結しているというアクセスの利便性もあってこのホテルに決めました。宿泊した感想は造りはシンプルでしたが、清潔で結構満足しました。バンコクには巨大な超高級ホテルが沢山有る中でこのホテルはさほど目立たない存在でしたが、今日の試合で俄然有名になりました。日本のテレビで再三映し出されて大変懐かしく感じています。この6月末から半月ほどタイに行きますが今回は常宿を予約してしまっていますが、またいずれこのホテルに泊ってもいいなあと思っています。このホテルに直結したナショナルスタジアム駅前が即スパチャラサイ国立競技場です。
b0003360_11115285.jpg


by saladaengstore | 2005-06-08 11:18 | バンコクの風景 | Comments(0)


<< バンコクのワンちゃんその2      タイのゴルフ場その1 >>