タイ あれこれ

skawada.exblog.jp
ブログトップ
2005年 10月 06日

あるバス通り

チャオプラヤ川のサパーン・タクシン駅の船乗り場から各駅停車の船に乗って約15分ほどの適当なところで降り、ブラブラと散策した時の風景です。バンコクではごくありふれた風景です。割合にワット・ポーの近くだったかもしれません。この写真にもバスが2台写っていますが、バンコクではいろいろの色のバスがあらゆるところに、それこそ縦横無尽に走っています。乗車賃はすごく安く、10バーツ(約30円)も出せば1時間は充分に乗っていられます。このバスを自由に乗り回せたらバンコクの街も隅から隅まで分かるのになあーといつも強く感じます。私など時間がいっぱい有るので、本当にめちゃくちゃに乗っています。言葉も通じないことも多く、思った方向には行かず、失敗の連続ですが、でもこれが覚えるためには一番の早道のように思います。そして、バスの乗降客の観察やら、バスからの街の風景など思う存分観察することが出来ますね。どんなに渋滞してもタクシーのように心配しなくてもいいし、むしろ、渋滞したほうがゆっくりと街の風景を観察出来ます。目的が無く乗っていますからどんな方向に間違って行っても最悪タクシーで戻れば全く問題ありません。バスからの観察は、間違いなく私のバンコク旅行の楽しみの一つです。
b0003360_1532171.jpg


by saladaengstore | 2005-10-06 15:09 | バンコクの風景 | Comments(0)


<< チャトチャック・ウイークエンド...      定宿の側の記念館 >>