タイ あれこれ

skawada.exblog.jp
ブログトップ
2006年 03月 22日

バンコクの路地ソイ

バンコクでは猛暑の4,5月以外は少しは歩いて散策するように心がけています。涼しい11月から2月頃までは結構の時間歩けますが、それでも1時間が限界です。猛暑の頃は30分歩いたら汗びっしょりで、クタクタになってしまいます。ついついタクシー、トゥクトゥク、モトサイに乗りまくります。徒歩で10分位でしたら大抵モトサイをつかまえて乗ってしまいます。暑さに強いはずのタイ人でもすぐにモトサイを使ったりしています。猛暑の中を歩いているのは不思議と日本人が多いです。乗り方に慣れていないのか、それともケチなのか。乗り物の安いタイではケチとは考えられないですが。涼しい季節の朝の涼しい時間には極力歩くようにしています。やはり歩いて散策した所は日本に帰ってもしっかり記憶しています。思わぬ発見もありますしね。先日など、バンコクのど真ん中の住宅街で、塀の外に垂れ下がったドリアンの実を見つけたときには感動しました。さすが熱帯地方なんだなーと実感しました。バンコクでは表通りをタノンThanonといい、タノンから横にそれる路地をソイSoiといい、ソイ21等といいます。とても分かり易く、地図を持っていればさほど間違うことはありません。
b0003360_18153875.jpg


by saladaengstore | 2006-03-22 18:16 | バンコクの風景 | Comments(0)


<< 大使館通り      暁の寺「ワット・アルン」と三島由紀夫 >>