タイ あれこれ

skawada.exblog.jp
ブログトップ
2006年 06月 23日

ボンネット型トラック

バンコク中央駅ファランボーンのすぐ側に有るチャイナタウンを歩いていたときに出合った信号待ちのボンネット型トラックの写真です。よく見ると日本のいすず製ですね。恐らく40年くらいは前のトラックでしょうか。よくぞ走っているという感じです。タイには車検制度がないのでしょうか、結構古い車も走っていますが、これほど古い車は初めて見ました。信号が青になったらちゃんとスタートして走って行きました。ただし、結構すごい排気ガスを出しながらでしたが。恐らく日本でしたら車検が通らないでしょうね。タイでは断然日本製の車が多いのですが、かなり古い車でも、早朝などの比較的道路が空いている時間帯などでは高速道路では平気で150kmくらいは出している車が多いです。そんな時間帯に古いタクシーなどに乗ると、よくぞ自動車が分解しない物だと思ってしまいます。結構自動車は古くても信頼性のあるものだとつい思ってしまいます。リムジンを頼んで空港に行くときなど、200kmから210kmくらいで飛ばして走ります。ほとんどがベンツですが、まるでレースカーに乗っている気持ちです。都心からあっという間に空港に着いてしまいます。タイでのこんな感覚が暫くの間尾を引いているようで、この頃、タイから帰った直後などで、日本の高速道路を走るとついつい瞬間的ですが、150kmくらいを出すことが良くあります。数日後にはいつもの安全運転に戻りますが。
b0003360_12443479.jpg


by saladaengstore | 2006-06-23 12:52 | バンコクの風景 | Comments(0)


<< 昼のチャイナタウン      ショッピングセンターでの昼食 >>