タイ あれこれ

skawada.exblog.jp
ブログトップ
2006年 07月 14日

陸橋上の国王即位記念日の飾付

高架鉄道BTSサラディーン駅から徒歩で10分位のところにあるサトーン通りに掛かった陸橋で、私の常宿のすぐ側にあります。駅からたかが、10分位ですが、4月、5月の猛暑のこの季節、体感温度が40度近い、暑いバンコクでは駅からこの陸橋にたどり着くまで汗びっしょりになります。最後にこの陸橋を渡ると100mほどで私の常宿に着くわけですが、最後のこの陸橋の登りがとてもきついです。このたかが、20段程の階段を登る時には、1000m位の高さの山に登ったときの、最後の50m位の感じがします。それで、ついつい、モトサイ(バイク)やトゥクトゥク(三輪車)に乗ってしまいます。全てネゴですが、駅から宿まで大体20バーツ(60円位)です。写真の左端の高い建物はバイヤンツリーホテルです。60階位あります。バンコクを代表する高級ホテルの一つです。全室スイートとのことです。52階のオープンジャグジーからは360度の大パノラマが楽しめるとのことです。その他の高い建物はみなサービスアパートメントです。日本の駐在員などは大体このクラスのサービスアパートメントに滞在しているようです。写真の陸橋に飾られているのは国王即位記念日の飾りつけです。5月5日が現ラマ9世が即位した記念日で、街の至る所に国王の巨大な肖像画が飾られていました。ラマ9世、プミポン国王は1946年に即位し、国民からは絶大な敬愛を受けております。旅行者といえども国王や王室を批判するような態度や言葉はトラブルのもとになるので注意が必要のようです。
b0003360_9161798.jpg


by saladaengstore | 2006-07-14 09:17 | バンコクの風景 | Comments(0)


<< ジム・トンプソンの家      ローンコーンの量り売り >>