2006年 10月 03日

バンコクの塩田

 バンコクからワット・サイ水上マーケットまでは船でチャオプラヤ川を下って支流に行けば早く着くのでしょうが、今日は車です。結構距離があり約2時間位かかりました。バンコクに住んでいる息子家族(タイ人の嫁さん)とその嫁さんの親たちと合計6人で、その実家の車で行きました。私も欲しいと思うような車で迎えに来てくれました。 
 渋滞のバンコクから1時間ほど走った所に、大きな塩田が有りました。田んぼの土が白くなったような塩田が延々と続いていました。ところどころにその塩を売る売店が出ていました。何しろ天日干しの塩ですから、お土産にと1袋5キロ位入っているのを同行者へのプレゼントを含めて3個買いましたが、1袋20バーツですから合計でも60バーツでした。合計15キロ位で日本円で約180円です。日本でも塩は安いですが、タイでは更に安いですね。
 1個は自分の日本へのお土産として買ったんですが、ネットショップ「タイタイタイ」の仕入の荷物が多く、ドムアン空港まで持って行ったんですが、荷物の重量オーバーで残念ながら登場口近くのゴミ箱に捨てました。預ける荷物の他に機内への持込は20キロまでですが、それが39キロも有り、大分まけてはくれて28キロほどまででOKしてくれたんですが、それでも重い塩は断念せざるを得ませんでした。
何のために重い目をして空港まで運んできたのか、価格は安い物ですが、いざ捨ててしまうと貴重な物を捨てたような何か惜しいような気持ちになりました。

 写真は途中の塩田と乗せていってもらった車です。
b0003360_712224.jpg

b0003360_7143115.jpg

b0003360_7151930.jpg


by saladaengstore | 2006-10-03 07:27 | バンコクの風景 | Comments(4)
Commented by siamfish at 2006-10-03 20:47
最初写真だけ見て店先で売っている塩が米みたいに見えました。
だから一番上の写真も田んぼだと思っていたら塩田だったとは・・・
しかしタイ産の塩ってのも考えようによっては珍しいですね。
日本の塩と味に何か違いがありますか??
Commented by saladaengstore at 2006-10-04 06:04
siamfishさん。コメント有難うございました。
タイ産の塩は始めて見ましたので、しかも完全な自然の天日干しですからね。でも、自分は一つも味見もせずに捨ててしまったのでどんな味か分かりません。今度、バンコクのスーパーなどでそれらしき物を探して見て味わって見たいですね。でも、おそらく全てタイ語表示なんでしょうね。タイ文字の分からない私には判別が出来ないでしょうね。すごく残念でした。
Commented by nick726 at 2006-10-06 23:59
こんばんわ。
折角買われたのに残念でしたね。
私の知人で台湾の女性なのですが京大に留学していて、帰国する際に荷物が60kgにもなってしまったらしいのですがカウンターですったもんだした挙句、一銭も払わず乗り込んだのだそうです。
女性は強い!
棚にのっかってるのは塩ですか?  夜店の綿菓子みたいですね!
Commented by saladaengstore at 2006-10-09 18:23
nick726さん。有難うございました。
棚にのっかっているのは全てここで採れた塩です。味もすごく自然な感じですごく良かったのですが。残念でした。女性はすごいですね。私の時は8キロオーバーをまけて貰い、大喜びしていたんですが、すごいですね。今後見習いたいですね。


<< 朝の出勤時の風景      シマタニ・ホテルでの朝食 >>