タイ あれこれ

skawada.exblog.jp
ブログトップ
2007年 03月 14日

止まってくれた急行列車

 バンコクに滞在の息子家族と私たち夫婦の5人でバンコクの中央駅(ファランボーン駅)からアユタヤの行くことにしました。孫が汽車が好きだということで汽車にしました。
 私は何回かアユタヤには一人で行っていましたので、汽車の乗り方や切符の買い方などは大体分かっていました。何回かの経験から、始発のバンコク駅から30分位の遅れでいつも発車していました。
 その日も、定刻になってもあわてずにゆっくりホームに向かいました。定刻の時間に目の前のホームから列車が出発しました。まさか定刻に列車が発車するなんて夢にも思わなかったので、どこに行く列車かなーなんて思っていました。遅れてトイレから来た息子の嫁さん(タイ人)が、あの列車がアユタヤ行きだと駅員に叫んでいました。すると、駅員が100mほど先に行ってしまった列車に無線で連絡していました。すると、200mほど先でその急行列車が止まってくれて、私たちが走って来るのを待っていてくれました。
 発車した急行列車が200mほど先で止まって待っていてくれるなんて、日本では考えられないですよね。タイでもそう簡単に有る事ではないでしょうが、少なくとも、日本では有り得ないことですね。
 こんなところにものんびりしたタイ人の気風が感じられますね。タイに行くとのんびりしたタイ人に腹の立つことも有りますが、郷に入れば郷に従えもいいかもしれませんね。でも、一緒に仕事をするとなるとイライラしっぱなしとなりそうですね。

       タイシルクのことなら「タイタイタイ」をご覧下さい。
b0003360_19135048.jpg


by saladaengstore | 2007-03-14 19:17 | バンコクの風景 | Comments(0)


<< チャトチャックの賑わい      戦勝記念塔 >>