タイ あれこれ

skawada.exblog.jp
ブログトップ
2017年 05月 17日

郊外の市場

バンコクの都心のサイアムから高架鉄道BTSのスクインビット線で30分位の所でにあるバーンチャック駅そばの小さな市場です。野菜や果物や生の魚、肉や調理した物、衣料品などが安く売られているようです。こんな小さな市場があちこちに有ります。料理をあまり作らないタイの人には欠かせない地元の市場なんでしょうね。

            タイシルクのスカーフやストール、ポーチ、バッグ等のタイのお土産は「タイタイタイ」をご覧下さい。
b0003360_19583391.jpg


# by saladaengstore | 2017-05-17 20:05 | バンコクの風景 | Comments(0)
2017年 04月 29日

タイのパパイヤ

 タイでは果物が年中豊富に有ります。写真のパパイヤも年中売られています。写真のお店では1kg89バーツ、日本円で約300円程ですね。タイ語ではマラコーと云います。一年中栽培されています。日本でも沖縄や九州で夏には栽培されているようです。酸味はほとんどなく甘さは濃厚です。栄養価も高く、ビタミンC、カリウム、鉄分、カルシュウム、カロチン、食物繊維等の重要な栄養価が豊富で、また、解毒成分も有り、肝臓の解毒酵素の働きを良くする成分も有るようです。また、美容効果も期待できるとのことです。日本でもこの頃はあちこちで売られていますが、ほとんどがフィリピン産の物がほとんどです。リンゴやオレンジ、バナナ等より栄養価が高いようです。ぜひ食べてみて下さい。

           タイシルクのスカーフやストール、ポーチ、バッグ等のタイのお土産は「タイタイタイ」をご覧下さい。
b0003360_1653843.jpg


# by saladaengstore | 2017-04-29 16:06 | バンコクの風景 | Comments(0)
2017年 04月 18日

船着き場のワンちゃん

 高架鉄道BTSシーロム線のサパーンタクシン駅降りたところにあるチャオプラヤ川の船着き場の一コマです。この辺には何匹もワンちゃんがウロウロしていますが、どのワンちゃんもとてもおとなしくてワンちゃん同士の喧嘩などはいまだ見たことが有りません。そして、どの人もワンちゃんを虐めているような光景はいまだ見たことが有りません。そして、いつも思うのですが、これだけワンちゃんがウロウロとタイの至る所に居るのに、私はいまだフンが転がっているのを見たことが有りません。熱帯地方のタイですので、冷たいセメントで寝ているのが気持ちが好いのでしょうね。


            タイシルクのスカーフやストール、ポーチ、バッグ等のタイのお土産は「タイタイタイ」をご覧下さい。
b0003360_21123323.jpg


# by saladaengstore | 2017-04-18 21:13 | バンコクの風景 | Comments(0)
2017年 04月 15日

BTS駅構内の靴屋さん

 BTSチョノンシー駅構内の靴屋さんです。駅の構内にはお菓子、パン屋さん、ジュース屋さん、新聞・雑誌、等の販売店はどこにも有りますが、靴屋さんも時たまありますね。比較的価格の安い靴が多いですね。タイの人は高級品の靴も買う人もいるのでしょうが、暑いところでもあり、比較的価格の安い靴を頻繁に買い替えて履いているようです。カラフルな靴も多く暑いタイらしさを感じますね。価格は高い物も少しは有りますが、概ね300~800バーツの物が多かったですね。日本円で、約1600円位から2500円位の物ですね。


        タイシルクのスカーフやストール、ポーチ、バッグ等のタイのお土産は「タイタイタイ」をご覧下さい。
b0003360_19452921.jpg


# by saladaengstore | 2017-04-15 19:46 | バンコクの風景 | Comments(0)
2017年 04月 04日

ユーモラスなマネキン

 タイのマネキン人形は何故かこのようなユーモラスな表情の物がとても多いですね。思わず笑ってしまいます。こんなところにも陽気なタイ人らしさが伺えますね。ルイビトン、シャネル、エルメスやコーチ等のブランド品のマネキンはさすがにそんなことはありませんが。


          タイシルクのスカーフやストール、ポーチ、バッグ等のタイのお土産は「タイタイタイ」をご覧下さい。
b0003360_15283669.jpg


# by saladaengstore | 2017-04-04 15:29 | バンコクの風景 | Comments(0)
2017年 03月 27日

タイの屋台

 タイの屋台は通行妨害等の理由であちこちで撤退していますが、まだまだ頑張っているところも有ります。バンコクの都心は交通渋滞が物凄く(バンコクの交通渋滞は世界8位で、ちなみに1位はインドネシアのジャカルタで、2位はイスタンブール)、朝など家で食事などしていたら会社に行けません。そんな理由などからも屋台が大繁盛していたわけです。大通りなどから小路などに移動している屋台も多いようです。ここは、高架鉄道BTSショノンシー駅で、左の黄色と緑色のバスは、BRTで専用レーンを走っています。最近日本でもこのBRTバスはあちこちで取り入れられて来ています。他の車が入れないような専用レーンを走るためにラッシュ時には大変活躍してくれます。
 
           タイシルクのスカーフやストール、ポーチ、バッグ等のタイのお土産は「タイタイタイ」をご覧下さい。
b0003360_1353431.jpg


# by saladaengstore | 2017-03-27 13:53 | バンコクの風景 | Comments(0)
2017年 03月 12日

タイのスイーツ

 甘いものが好きなタイ人は料理にまで砂糖を振りかけて食べることも多いです。タイのあの暑さを乗り越えるには糖分が欠かせないのでしょうか。コーヒーも黙ってオーダーすれば、甘いコーヒーが出て来ます。初めての時は驚きました。外国人の多く利用するスターバックスでは、さすがに砂糖は入っていませんでした。スイーツもとても種類が多く色もカラフルの物が多いです。全て人工着色料というわけではなく、結構昔から植物系の自然な着色料も多く使われているようです。私も時たまケーキとコーヒーを頂きますが、ケーキは日本の物に比べて相当に甘いですね。大きさも一回り大きいです。従って、全部食べるのは難しく、いつも少し残してしまいます。でも、タイに行った時には、出来るだけ、コーヒーとケーキを頂くようにしています。私にとって、それがタイに来ている実感がより感じるからです。

           タイシルクのスカーフやストール、ポーチ、バッグ等のタイのお土産は「タイタイタイ」をご覧下さい。
b0003360_10414926.jpg


# by saladaengstore | 2017-03-12 10:42 | バンコクの風景 | Comments(0)
2017年 03月 04日

日本食レストラン

 カリフォルニア州アーバインは治安がとても良いので日本人が多く住んでいます。従って、日本の食料品店もあちこちに有ります。写真は日本食料品店の中にあるレストランです。寿司屋、ラーメン店やたこ焼き店などが並んでいました。昼前のためまたお客さんは少なかったですが、日本からの駐在員には有難いお店ですね。

          タイシルクのスカーフやストール、ポーチ、バッグ等のタイのお土産は「タイタイタイ」をご覧下さい。
b0003360_20465280.jpg


# by saladaengstore | 2017-03-04 20:47 | アメリカ | Comments(0)
2017年 03月 01日

アーバインの甚平

 カリフォルニア州のアーバインにも一杯飲み屋の甚平が有りました。お客さんはほとんどが日本人で結構落ち着けるお店で、私も日本酒にお刺身等を注文しました。こちらは車を運転していても多少のお酒は問題ないようです。アメリカにまで来てもやはりご飯に日本酒がいいですね。元気がでますね。

          タイシルクのスカーフやストール、ポーチ、バッグ等のタイのお土産は「タイタイタイ」をご覧下さい。
b0003360_1351262.jpg


# by saladaengstore | 2017-03-01 13:52 | アメリカ | Comments(0)
2017年 02月 26日

空席がチラホラでギックリ腰も大丈夫でした。

 今回のロスアンゼルスへはシンガポール航空を使いました。恐らくこの飛行機はシンガポール発で、東京経由ロス行きなのでしょうね。結構混んでいましたが、空席もチラホラ有りました。搭乗率は8割くらいでしょうか。いつも私は通路側を取るのですが、中ほどの通路側席から一番後部の通路側に変更してもらいました。隣の席もまだ決まっていないようなのでカウンターの係員に云って快く変更してもらいました。運良く隣の2席は最後まで空席でした。2週間前にぎっくり腰をやったばかりで少し心配でしたが、何とか11時間の長旅を横になったりして伸び伸びと楽しむことが出来ました。数年前にニューヨークに行った時の時間とそんなに違わないように感じました。飛行機は北極の方に向かった飛びますので、距離的には極端には違わないのでしょうね。東京発バンコク行きの約6時間が本当に短い感じがしました。トランプ現象でアメリカへの入国も出国も厳しくほとんどの人が両手の指紋を取られたりして時間も1人で約10分位を要していたのですが、何故か私へは驚くほど簡単で短時間の審査で入国審査も出国審査も各々1分と掛かりませんでした。質問もどこに行くのかとか、何日間滞在するのかとかだけでした。イミグレーションや税関の対応でその国への親近感も変わるように感じました。やはりトランプ大統領の対応の片鱗をを実感したように思いました。

           タイシルクのスカーフやストール、ポーチ、バッグ等のタイのお土産は「タイタイタイ」をご覧下さい。
b0003360_1140196.jpg


# by saladaengstore | 2017-02-26 11:31 | アメリカ | Comments(0)