タイ あれこれ

skawada.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2005年 03月 29日

ワット・ヤンナワー

BTS高架鉄道シーロム線終点サパーン・タクシン駅を降りて、先ずチャオプラヤ川を見た後、近くをブラブラしていたら、奇妙な形をした神社に出くわしました。大きな船の形をした仏塔です。変わった仏塔も有るものだと、ホテルに帰ってから調べましたら、ラーマ3世の手によるもので、チャオプラヤ川をさかのぼるヨーロッパ諸国の近代的な大型船団を目のあたりにして、消え行くジャンク船へのモニュメントとして、建立したものだそうです。それにしても、こんな形の仏塔を作るものだと感心しました。
b0003360_13525676.jpg


by saladaengstore | 2005-03-29 13:53 | バンコクの風景 | Comments(0)
2005年 03月 25日

丘の上の仏像

バンコクの南東約150km、車で約2時間半のところにパタヤビーチがあります。バンコクから一番近いビーチリゾートとして、多くの人に親しまれています。交通の便も良くバンコクからは30分間隔でバスがでています。私も日帰りで行ってきました。朝、ゆっくりバンコクを出発しても十分楽勝です。3時間くらいビーチで日光浴をしたりして来ました。でも次から次えと売子が果物を抱えてきます。5分位前に断ったばかりなのに、また、来ます。おちおちゆっくりと休めませんでした。結構しつこいでしたが、笑顔の多いタイ人は何か憎めないですね。この写真はビーチ近くの丘の上に登ったら大きな仏像がありその時撮った写真です。タイらしい金ピカの仏像です。私たちもお参りしてきました。
b0003360_1347883.jpg


by saladaengstore | 2005-03-25 13:49 | Comments(0)
2005年 03月 23日

ワット・ラチャブラナ

バンコクからアユタヤまでは汽車で約2時間半ほどでした。窓から田園風景を見ながらうとうとしているとアユタヤの駅に着きました。駅は日本の田舎の小さな駅といった感じです。駅前にはタクシーがなく、トゥクトゥクとレンタサイクルだけでした。トゥクトゥクには大分しつこく誘われましたが、レンタサイクルを借りて自転車でゆっくりと回ることにしました。100バーツ位(300円)だったでしょうか。名前を書いて、パスポートを見せて借りることになります。自転車で気の向くままあちこちを回ると、街のいたる所に遺跡がある感じでした。写真の遺跡はワット・ラチャブラナというところです。こんな感じの遺跡があちこちに点在しています。世界遺産にも登録されているようです。ビルマの侵攻によって徹底的に破壊されしまいましたが、かすかに往時を偲ぶことが出来、やはり、日本の神社とはまた違うタイの遺跡の素晴らしさを感じました。
b0003360_14473766.jpg


by saladaengstore | 2005-03-23 14:48 | Comments(0)
2005年 03月 20日

モーチット駅ホームより

チャトーチック・ウイークエンド・マーケットのあるBTSモーチット駅ホームよりマーケット側とは反対の方を撮影したものです。数ヶ月前に来たときにはほとんど空き地に近いような感じでしたが、アットいう間にこの様にすっかりきれいになっていました。昨年8月には地下鉄も開通し、マーケットの入口まで来るようになりましたし、本当に便利になってきました。これからは、スクインビットやシーロム地区の中心部だけでなく、郊外のこの近辺がビジネス街の一つになって、ビルラッシュになるような感じがします。私の常宿もこの辺にもう一つ作っておきたいですね。空港にも、東北方面への玄関口の北バスターミナルも近いし。バンコクは来るたびにきれいな街になってきているようです。それも、バンコクに来る楽しみの一つです。自分の好きな街がどんどんきれいになってくるのは本当にうれしいですね。ビジネスチャンスもいろいろ有りそうですね。でも、旅行者には難しいですが。
b0003360_18222799.jpg


by saladaengstore | 2005-03-20 18:22 | バンコクの風景 | Comments(0)
2005年 03月 17日

ルンビニ公園の朝

バンコクのルンビニ公園の朝の風景です。この公園はバンコクの中心に近いところに在り、広大な広さがあり、緑豊かな公園です。私の常宿に近く、歩いて10分位の所なので一日一回はここに来ました。土曜日や日曜日になると、このように朝早くから大勢の人たちが運動のために集まって来ます。ジョッキングの人や、2,30人のグループになって音楽のボリュームlを上げてエアロビクスをする人たちなど様々です。私も、グループの端っこでエアロビクスの真似事を少ししてみましたが、あっという間に汗びっしょりです。この公園には小さな川が流れていますが、大きなトカゲでしょうか、1m以上もありそうなオオトカゲで、最初見たときはびっくりしました。でも、とても臆病で人が近づくとすぐ逃げてしまいます。
b0003360_1629331.jpg


by saladaengstore | 2005-03-17 16:30 | バンコクの風景 | Comments(0)
2005年 03月 12日

プーケット旅行計画

少し私事になって恐縮ですが、一昨年バンコク在住のタイ人と結婚した我が長男の赤ちゃんが5月に生まれる予定で、その赤ちゃんに会いに6月下旬に家内と一緒にバンコクに行く予定です。ついでにプーケットとアユタヤに行く計画をしています。その事を長男(現在シンガポール在住)に電話したところ、プーケット旅行は大賛成してくれました。スマトラ沖大地震以来、いままで一番多かった日本人観光客はガタ減りだそうです。アメリカやヨーロッパからは団体を組んで来ているそうです。日本人の場合、こんな大災害のところに観光見物に押しかけたら申し訳ないという気持ちが先立つのでしょうか。欧米人たちは逆に、災害は災害で起きてしまったものはしょうがない。どんどん行って復興をバックアップしようと言う考えなのでしょうか。長男はプーケットでは出来るだけいっぱいタクシーに乗るなどして協力してほしいと言っていました。いまでは、街にはゴミの山など無く災害の爪あとはほとんど分からないとのことです。プーケットの人達が全力で復旧に力を注ぎ、1人でも観光客が来てくれることを願っているのが良く分かります。今から、大好きなタイに行くのが本当に楽しみです。この頃では、ドムアン空港に到着すると何かホットします。私にとってタイは故郷のような感じです。
b0003360_9251790.jpg

群馬の絹展 ところで、この写真はタイとは全く関係ありませんが、昨日、朝のNHKテレビで群馬県庁で行われている「日本絹の里工芸展」の紹介があり、即刻、我が新潟から駆けつけて撮ってきた写真の一つです。これは絹の手織り機です。私も、この機械を教えていただきながら5分くらい織ってできました。なかなかうまいですねーと誉めてもらいました。群馬の人はなかなか誉め上手でした。そして、隣に着物展をやっており、そこでは、和服を着て写真を撮って下さいとかなり強引(?)に誘われて、調子に乗って着物を着せてもらいました。黒い着物に羽織と足袋とぞうりを4人の着付けの先生から着せてもらい写真を撮りました。着物など数十年前の結婚式以来でした。その後がけっさくです。その着物姿で県庁内を歩いて来てほしいと言われ、32階の展望台のロビーまでエレベーターに乗って行って来ました。エレベーターに乗ってくる人はみんな背広姿ですから、かなり恥ずかしい気持ちでした。1階で絹工芸展をやっているのでその関係者とは思われたでしょうが、やはり、かなりはずかしかったです。でも、貰って来ました着物姿の写真は我ながらなかなかのもの(?)でした。大変よい記念になりました。

by saladaengstore | 2005-03-12 09:27 | Comments(3)
2005年 03月 08日

カオサン・ロード2

この通りを歩いている旅行者のほとんどが欧米人の感じです。日本人らしき人も歩いていますが、ほんとに少ないです。英語がほとんど通じるので欧米人が多いのもあると思います。彼らはどこの国に行っても英語で通すようです。その国の言葉を使えるようになろうなんて一般の旅行者は考えないのでしょうか。大きなリュックを担いでここに来るんですね。まさしく、バックパッカーです。半パンにTシャツ姿がほとんどで、すごく旅なれた感じです。ここを基点に他の国にも行くようです。トイレ・シャワー付きで、200バーツ位(約600円)からあります。トイレ・シャワーが共同ならば80バーツ位からあります。ザ・オリエンタルホテルやシャングリラ、ロイヤル・メリディアン(現在はコンチネンタル・ホテル)等のバンコクの一流ホテルでは逆に日本人を多く見かけます。日本人は高いホテルにほんの数日間滞在し、欧米人は逆に安いホテルに長く宿泊していくようです。
b0003360_17491262.jpg
ながく

by saladaengstore | 2005-03-08 17:51 | バンコクの風景 | Comments(2)
2005年 03月 04日

ジム・トンプソン記念館2階

ジム・トンプソン記念館の2階から写した写真です。鬱蒼とした緑とベンガラを塗ったタイ独特の家屋の造りがとても素晴らしいコントラストを出しています。建物の形はタイの中央平原の典型的な民家の形です。でも、内部は随所に西洋式の物を使っており、タイと西洋との融合した造りになっています。ジムトンプソンは第二次世界大戦末期に諜報機関員(現在のCIA)としてタイを訪れましたが、そのままタイに住みつき、ここに8年間住んでいましたが、マレーシアを旅行中行方不明になったままです。ここの1階にはコーヒーラウンジが有りますが、先だって、ここでコーヒーなどを飲んだんですが何だかとても優雅な幸せな気持ちになり、そして大好きなタイに居ることの実感をつくづく感じました。だから、バンコクに来たら必ずここに一度は来ます。バンコクのほぼ中央に在り、BTSシーロム線のナショナルスタジアム駅から徒歩5分位の便利なとことに在ります。バンコクに行かれる方は是非行かれることをお勧めします。
b0003360_11473983.jpg


by saladaengstore | 2005-03-04 11:49 | バンコクの風景 | Comments(0)