タイ あれこれ

skawada.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2006年 07月 27日

ロータスの屋台フードセンター

BTS終点オンヌット駅直結のショッピングセンターロータス1階屋台フードセンターの写真です。まだ、昼食前のためお客さんはほとんどいません。昼頃になると買い物客や勤め人などでごった返す位のお客さんでいっぱいになります。お客さんのほとんどがタイ人です。バンコクでは大きなショッピングセンターにはかならずこのような屋台式のフードセンターがあります。チケットカウンターでクーポン券を買ってそれを使います。クーポン券は5B、10B、20Bなどがあります。当日のみ有効で、使い残した券は窓口で換金してもらいます。いろいろな料理のお店が並んでいるのでよりどりみどりといった感じです。選ぶのに苦労する位の料理店が並んでいます。料理の写真も出ているのでわれわれ外国人にも難なく注文出来ます。100バーツ(約300円)もあれば食べきれない位のいろいろの料理を選べます。せいぜい、60バーツ(180円)ほどが限界です。屋台に近い雰囲気も味わえます。こんなところで屋台式になれてから路上にある屋台に挑戦するといいですね。タイの人は本当によく食べます。こんなクーラーの利いた所だけでなく、物凄い暑さの中でも平気でもりもり食べています。私などは猛暑に負けて食欲の無い時が結構有りますが、さすが現地人は違うといつも感心しています。なんだかタイ人はいつも何かを食べているようにさえ思えます。それでも腹の出たような肥満タイプはほとんど見たことが有りません。
b0003360_11503129.jpg


by saladaengstore | 2006-07-27 11:50 | バンコクの風景 | Comments(0)
2006年 07月 23日

BSコートからの景色

バンコクの都心にあるBTSサラディーン駅から歩いて10分弱のところに私の常宿のサービスアパートメントBSコートが在ります。私の部屋の窓からの景色です。都心の割には緑も多く、とても静かなところです。バンコクにはこの3年ほどで20回近く訪れておりますが、ほとんどがBSコートに宿泊します。この景色は本当に見慣れた景色で、それこそ我が家から見る景色のように感じます。日本と違い、朝は南国特有の鳥の鳴き声で目が覚めます。この鳥の鳴き声を聞くと、ああ今はタイに居るんだなあとつくづく幸福感みたいなものを感じます。写真の左奥のガラス張りの高い建物はエンパイヤビルで、70階位あります。右奥の小さく見えるビルはCITYバンクのビルです。真ん中の建物はサービスアパートメントです。左手前の低い建物は一般住宅です。5連式で、3階建てですが、各家の敷地は20坪弱ですが、約3千万円ほどするそうです。バンコクでは、都心は東京以上に高額となっているようです。
b0003360_17425226.jpg


by saladaengstore | 2006-07-23 17:49 | バンコクの風景 | Comments(0)
2006年 07月 18日

ジム・トンプソンの家

バンコクに行ったら必ず訪れるのがこのジム・トンプソンの家です。私がタイシルクに惚れ込んだ原点みたいな所です。シルクは勿論、タイシルクなど全く知らないで、観光名所の一つというだけで訪れたのがその始めです。ここの展示場を始めた見たときに、タイシルクの素晴らしさに出合いました。それがもとでネットショップ「タイタイタイ」を立ち上げました。ジム・トンプソンの商品のほとんどは今でもここで購入します。ネットショップを立ち上げてまだ1年半ほどです。楽天やヤフーなどのショッピングセンターには一切登録していません。街の商店街にある店ではなく、それこそ山奥の1軒の店のようなものです。それでも、今日現在で3万7千ほどのアクセスをいただいております。タイシルクのファンが多いのに驚かされます。バンコクに行くと先ず最初に訪れるのは、ここジム・トンプソンの家です。ここの一角に入るとバンコクの喧騒が嘘のように静かです。本当に心が癒されます。来客の中には日本人がとても多いです。大半が私のように何回も来ている常連客ではないかと思います。本当にここは何回訪れても飽きません。ここのカフェテリアでコーヒーなどを飲んでいる時は、何か至福の喜びを感じます。
b0003360_9273622.jpg


by saladaengstore | 2006-07-18 09:28 | バンコクの風景 | Comments(0)
2006年 07月 14日

陸橋上の国王即位記念日の飾付

高架鉄道BTSサラディーン駅から徒歩で10分位のところにあるサトーン通りに掛かった陸橋で、私の常宿のすぐ側にあります。駅からたかが、10分位ですが、4月、5月の猛暑のこの季節、体感温度が40度近い、暑いバンコクでは駅からこの陸橋にたどり着くまで汗びっしょりになります。最後にこの陸橋を渡ると100mほどで私の常宿に着くわけですが、最後のこの陸橋の登りがとてもきついです。このたかが、20段程の階段を登る時には、1000m位の高さの山に登ったときの、最後の50m位の感じがします。それで、ついつい、モトサイ(バイク)やトゥクトゥク(三輪車)に乗ってしまいます。全てネゴですが、駅から宿まで大体20バーツ(60円位)です。写真の左端の高い建物はバイヤンツリーホテルです。60階位あります。バンコクを代表する高級ホテルの一つです。全室スイートとのことです。52階のオープンジャグジーからは360度の大パノラマが楽しめるとのことです。その他の高い建物はみなサービスアパートメントです。日本の駐在員などは大体このクラスのサービスアパートメントに滞在しているようです。写真の陸橋に飾られているのは国王即位記念日の飾りつけです。5月5日が現ラマ9世が即位した記念日で、街の至る所に国王の巨大な肖像画が飾られていました。ラマ9世、プミポン国王は1946年に即位し、国民からは絶大な敬愛を受けております。旅行者といえども国王や王室を批判するような態度や言葉はトラブルのもとになるので注意が必要のようです。
b0003360_9161798.jpg


by saladaengstore | 2006-07-14 09:17 | バンコクの風景 | Comments(0)
2006年 07月 10日

ローンコーンの量り売り

バンコクのある歩道上の露店での果物の量り売りの写真です。このジャガイモにそっくりな果物はローンコーンと云ってマンゴスチンのような上品な甘みと、酸っぱい味のする果物です。丁度、ブドウの房のようにたわわに実がついています。日本ではデパートでも見ることは出来ませんね。生の果物は国外へ持ち出し出来ませんからね。せいぜい、タイに滞在中は極力栄養補給も兼ねて出来るだけ現地の果物を多く食べるようにしています。そのお陰も幾分あるのでしょうが、酷暑のタイでも最近は体力に全く自信が付きました。兎に角、タイでは果物に限らず、何でも食べることが一番ですね。現地のタイ人は本当に驚くほどよく食べますね。
b0003360_16405845.jpg


by saladaengstore | 2006-07-10 16:41 | バンコクの風景 | Comments(0)
2006年 07月 08日

タイで食べた果物その2

ちょっと、写真がピンボケで見難くてすみません。5月下旬にタイに行った時に食べた果物の1部です。ショッピングセンターで美味しそうな果物を何種類か選び買って来たものを食べる前に写真に撮ったものです。マンゴスチン(タイではマンク)、サラ(サラ)、ランプータン(ンゴ)、サントル(ガトーン)、シャカトウ(ノイナー)、ライチーです。日本ではなかなか食べることが出来ません。まだまだいろいろの果物が沢山あります。5月頃から10月頃までがシーズンです。タイで現地の完熟した果物を食べるのは最高の贅沢なことのように感じます。いつもこれらの果物を食べながらタイに来れたことと、美味しさを味わえる幸せをつくづく感じます。タイでホテルに泊まると朝食のバイキングにいろいろの果物が並んでいますが、何故かどれもこれも甘みがまるで有りません。私もホテルを泊まり歩いていた時は、タイには美味しい果物がないのかなあといつも思っていました。でも全く違うんですね。完熟の果物を自分で買って来て食べて初めて分かりました。タイには美味しい、甘い果物がいっぱい有るんですね。やはり、こまめに自分で体験しないと分からないんですね。パック旅行等でホテルで出る果物だけしか食べないで日本に帰ったら、タイには美味しい果物はないね。なんてことになってしまいますね。
b0003360_10364668.jpg


by saladaengstore | 2006-07-08 10:38 | バンコクの風景 | Comments(0)
2006年 07月 06日

昼休みのサラディーン駅裏通り

バンコクシーロム地区のサラディーン駅裏通りの昼休み時間の風景です。このビジネス街の裏通りには屋台がいっぱい出ているので、そこで昼食をしているサラリーマンがとても多いです。特に女性の方が多い感じがします。屋台で買って袋に詰めてもらって会社で食べる人も多いようです。ビジネス街の近くには大抵屋台の集落のようなものがあります。10から20軒位の屋台が集まっていて主に昼食時を目的にやっているようです。サラリーマンで満席となります。でも、昼食時間が過ぎるといっせいに片付けます。情けないことに、私はいまだに屋台に挑戦できた居ません。どうしてもあの少ない水で皿を洗っているのを見るとやはり勇気が要ります。でも、同じ屋台でも、マーボンクローンセンターの屋台フードセンターのように常設館では何回も食べております。衛生面では安心できますしね。値段も歩道の屋台とほとんど変わりません。50バーツ(約150円)もあれば充分満足できます。酷暑のバンコクで腹痛など起こしたくないですし。でも、たまには道路の屋台の雰囲気とどんな味なのかを経験してみたいです。
b0003360_108814.jpg


by saladaengstore | 2006-07-06 10:09 | バンコクの風景 | Comments(0)
2006年 07月 04日

焼きバナナ

バンコクではいたる所に露店があります。たいがい、歩道の車道側に並んでいるのが多いです。物凄い人並みで、ただでさえ狭い歩道がますます狭くなっています。歩道のギャップも多く、とても歩きづらい歩道になっています。でも、反面この露店を見ながらの歩きは結構楽しいです。その露店の中に大抵焼きバナナ屋さんがあります。日本では見たことがありませんが、タイでは人気の露店の一つです。皮のまま焼いたものと、皮を剥いて焼いたものの2種類があります。私も買って両方を食べてみましたが、どちらもとても甘いお菓子という感じでした。シーロムなどのビジネス街では昼食の後などに特に女性の方がよく並んで買っています。食後のデザートにするんでしょうか。大体、タイの人は甘い物がとても好きですね。やはり、あの猛烈な暑さには必然的に体が糖分を要求するのでしょうね。私もタイでは食後によくコーラを飲みます。日本ではほとんど飲みませんが、タイでは本当によく飲みます。塩分の補給も大切です。若干、血圧が高めのため、日本では塩分を控えめにしていますが、タイでは大量の汗をかくのでむしろ塩分の補給に気を付けています。時たま食べるラーメンなどは日本では汁はほとんど飲まないようにしていますが、タイでは出来るだけ汁も飲むようにしています。2年前にバンコクで経験した脱水症状の苦い経験が今ではとても良い教訓になっています。このごろは、タイでのどんな猛暑にも平気で快適に過ごせるようになりました。ますます、この猛暑のタイにハマッテ行くような気がします。
b0003360_7313514.jpg


by saladaengstore | 2006-07-04 08:59 | バンコクの風景 | Comments(0)
2006年 07月 02日

マンゴスチンとコーヒー

5月下旬バンコクに行った時にいつもの常宿のサービスアパートメントで食べたマンゴスチンです。サラディーン駅直結のシーロム・コンプレックス1階のスーパー「トップス」から15個ほど買って来たものです。日本では無いいろいろな果物がいっぱい売っています。見ているだけで何か楽しくなって来ます。マンゴスチンの他、ランプータンも買って来ましたが、どちらもとても甘くて美味しかったです。やはり本場で食べる完熟の果物は最高ですね。このマンゴスチンの赤い皮の部分でしょうか、美白効果が有るとのことで、タイでは多くの石鹸に使われています。私もその中で日本の駐在員や日本の旅行者に人気の石鹸をネットショップで販売などしていますが、すぐ売れて在庫がいつも無い状態です。タイに行く度にいろいろな果物を食べるようにしています。これも、タイに行く楽しみの一つですね。でも、まだ物凄い匂いと云われるあのドリアンは食べていません。店にはいっぱい売っていますし、住宅街の庭先の木などにぶら下って成っているドリアンも時たま見かけます。次回訪タイ時にはこのドリアンに挑戦して見たいと思っています。完熟のドリアンの味やにおいの感想をまた報告したいと思っております。果物の王様さまとのことですが、どんな味か楽しみです。
b0003360_853666.jpg


by saladaengstore | 2006-07-02 08:06 | バンコクの風景 | Comments(0)