タイ あれこれ

skawada.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2006年 11月 27日

ロイアル・バンコク・スポーツ・クラブのバナナの木

バンコクの中心地サイアム地区のチュラロンコン大学の前にあるロイアル・バンコク・スポーツ・クラブの道路沿いに咲いていたバナナ花と実です。
こんな大きな木のバナナは初めて見ました。バナナの花も初めて見ました。すごく大きな立派な花なんですね。偶然に見たので、驚いたと同時に感動しました。南国タイに居るんだということをあらためて実感しました。何かうれしくなって来ました。
いつもは、BTSに乗っている時には、ラチャダムリ駅で電車の窓からこのゴルフコースを眺めていましたが、降りて周りを散策すると、こんなバナナの木が有ったりして、いろいろ再発見ですね。暑い時にはなかなか歩き回れませんが、少し、涼しい11月頃から2月くらいまでの今頃の期間でしたら、時たま歩いての散策も大事ですね。
b0003360_18113478.jpg

b0003360_18121237.jpg


by saladaengstore | 2006-11-27 18:15 | バンコクの風景 | Comments(0)
2006年 11月 22日

タイから帰りの飛行機の窓から

 今回の訪タイの帰りの飛行機の窓からの景色です。
バンコクのスワンナム・プーム空港を出て約2時間、カンボジア、ラオス、ベトナム上空を通って、インドシナ半島を出て間もなく位のところで撮った写真です。
 素晴らしい青空と真っ白い雲が何とも云えない美しさです。この景色は1万メートルの上空からしか味わえないものですね。飛行機大好き人間にとってはたまらない景色です。この景色が見たくて飛行機に乗っていると云っても過言ではありません。
 あと、1時間ほどすると、台湾の真上を通ります。雲がなければとてもよく見えます。
 以前、やはりタイからの帰りの飛行機の窓から外を見ていましたら、数百メートル離れたところを飛んでいる飛行機とすれ違いましたが、何回も飛行機には乗っていますが、1万メートル上空ですれ違いの飛行機を目にしたのは初めてでした。とても、感動的でした。
b0003360_9491369.jpg


by saladaengstore | 2006-11-22 09:50 | Comments(3)
2006年 11月 17日

路上の屋台

 私の常宿のバンコクのBTSサラディーン駅の周りにも、すごい数の屋台が歩道上に並んでいます。 駅から宿に帰る途中の約10分くらいの間、タイの人たちが食べている屋台の料理をいつもおいしそうに見ながらその脇を通っていました。でも、食器を洗うところなどを見ていると、なかな食べる気がしませんでした。
 その代わり、ショッピングセンターの中やデパートの中にある屋台には何回となく食べていますが。何か、本当の屋台で食事をしたような気持ちになれませんでした。だから、いつも、歩道上の屋台で食べている人たちを見ていると、すごくおいしそうに見え、いつもすごい憧れみたいなものがありました。
 私の心には、これぞ、タイの文化みたいな気持ちが有りました。タイに来て、本当の路上の屋台を食べたことがないでは、タイ大好き人間として失格ではないかと、とてもオーバーかもしれませんがいつも思っていました。それで今回は体調もいいし、思い切って挑戦して見ました。
 食べたのは、バンコクのサイアム地区のチュラロンコン大学の門を出てすぐのところの屋台でした。何を頼んでいいのか分からず、適当に近くに食べていた人のものを指差して、それを下さいと云って注文しました。何とか云っていることが分かったらしく、その料理が2,3分で持って来ました。それにコーラを頼みました。私は日本では全くコーラを飲むことがありませんが、タイでは何か食べる時には、大概コカコーラを頼みます。また、これが暑いタイではすごく合うんですね。料理とコーラで40バーツ(約120円)です。料理には生のレバーみたいのものが入っていましたが、さすがにそれは残しました。このスープ状の料理は、タイ米でもすごく合うんですね。でも、この料理は生まれて初めて食べましたが、写真ではごくありふれた料理で、特においしそうには全く見えませんが、これが物凄く旨いんですね。オーバーかもしれませんが、何かカルチャーショックを受けた感じでした。屋台料理は見かけでは判断出来ないですね。
 これからも、路上の屋台にはやみつきになりそうです。
 どなたか、この写真の料理の名前がお分かりの人がおられましたら、お聞かせ下さい。今後も、注文して食べたいですからね。
b0003360_10565136.jpg


by saladaengstore | 2006-11-17 11:00 | バンコクの風景 | Comments(8)
2006年 11月 12日

ワット・プラケオ

 11月8日に久し振りにバンコクの代表的な観光名所のワット・プラケオに行って来ました。
相変わらず、写真のように観光客でごった返していました。観光客にぶつからない様に歩きながらの観光でした。本堂などは行列が出来ての参拝です。靴を脱いで入らなければならず、それも行列になる原因のようです。中は写真厳禁で撮れません。
 ご覧のように、ここの観光客で目立つのは、圧倒的にヨーロピアンです。現地の日本人はヨーロッパ人は勿論、アメリカ人を含めてヨーロピアンと呼んでいるようです。どの角度から写真を撮っても、このヨーロピアンが写真に入って来ます。次に多いのが、中国人ですね。これは、みんな団体を組んで来ていますので、すぐ分かります。日本人も居ますが、とても少ない感じです。
b0003360_11124093.jpg


by saladaengstore | 2006-11-12 11:13 | バンコクの風景 | Comments(4)