タイ あれこれ

skawada.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2006年 12月 27日

ワット・プラケーオーの近辺

 久し振りにサパーン・タクシン駅の船着場から船でワット・プラケーオーに行って来ました。
 船を降りると正門までの並木道は露店がいっぱい連なっていました。仏具、お土産品、日曜雑貨、お菓子、果物などいろいろの物が売られていました。ぶらぶらと歩くだけでも結構楽しかったですね。車道は次から次へと観光バスがやって来ました。
 ワット・プラケーオーの中はいつ行ってもいっぱいの観光客ですね。日本の寺院とは比較にならないほど外国人の観光客が来ていますね。
b0003360_8155827.jpg


by saladaengstore | 2006-12-27 08:16 | バンコクの風景 | Comments(2)
2006年 12月 23日

ミレニアム・ヒルトンホテル

 バンコクで大好きなチャオプラヤ川を眺めにBTSサパーン・タクシン駅を降りてすぐの船着場に行き、川向こうを眺めたら、いつの間にか新しいホテルが出来ていました。ミレニアム・ヒルトンホテルです。名前からして、ヒルトンホテルの上級版ホテルでしょうか。
 ペニンシュラホテルと同じ並びで距離にして200m位でしょうか。この近辺はバンコクでも超一流ホテルが林立している場所です。対岸のオリエンタルホテル、ロイヤル・オーキッド・シェラトンホテル、シャングリラホテルなど超一流ホテルの激戦地区の感じです。それぞれがきれいな渡し舟を持っていて、ひっきりなしに走っています。
 私はどのホテルにも宿泊したことはありませんが、シャングリラホテルでは、何回かコーヒーを飲みましたが、やはり優雅な気分になりますね。チャオプラヤ川を眺めながらのコーヒーは格別ですね。タイ式の甘いコーヒーもまたいいですね。
b0003360_16455178.jpg


by saladaengstore | 2006-12-23 16:46 | バンコクの風景 | Comments(0)
2006年 12月 16日

バンコクの屋台フード

 私の常宿から徒歩で15分位の所にジム・トンプソンの本店がありますが、そこから5分位スリウォン通りを西に向かって歩いて、大通りを左に一歩入った所にある屋台フード街です。
 おかずはいろいろの種類の物が沢山並んでいます。ご飯もお粥まであります。それに、麺類も種類が多いです。おなかの空いた時などはどれも買いたくなります。見ているだけでも楽しくなります。料理も大変カラフルで栄養のバランスも良いし、3種類も買えば充分です。100バーツ(約300円)も買えば食べきれないですね。私も買って帰って常宿の部屋で屋台料理をゆっくりと堪能したことも何回もあります。結構美味しく一人で旨いとうなりながら食べました。
 衛生面ではどうかは知りませんが、鳥インフルエンザは有りましたが、日本も有りましたしね。今のところ、ノロウイルスの話も無いし、加熱食品が多く、案外問題ないのかも知れませんね。
 結構、こんな物を時たま買って来て食べていますが、僕自身は、タイでお腹をこわした事は一度も有りません。
 これだけ多くの種類の惣菜などが有ると、作る必要がないですね。
 タイの人達はほとんど自分で作らないで、こんな所で買って帰ります。自分で作るよりも安く、いろいろな料理を楽しむことが出来るわけですね。
b0003360_12592480.jpg


by saladaengstore | 2006-12-16 13:01 | バンコクの風景 | Comments(2)
2006年 12月 10日

大きなドリアン

 この写真は、バンコクサイアム地区にあるセントラル・ワールドの6階の食料品店に飾られていたドリアンです。とても大きく立派なドリアンで思わず写真に撮りました。隣のみかんの大きさからその大きさが分かると思います。
 ドリアンと云うととても臭くて鼻が曲がりそうだとか、ホテルに持ち込み禁止とか、お酒と飲むと死ぬこともあるとかの物騒な話もあるようです。そんなことでいまだに食べたことがありません。でも、スーパーなどではどこでも売っています。タイのドリアンはそんなに臭くないという話も聞いたことがありますが、食べる機会がなく、まだ食べたことがありません。
 果物の王様ともいわてていますので多分美味しいのでしょうが、その辺のタイでの実情をどなたかお聞かせ下さい。タイの田舎などでバスに乗っているとよくドリアンをいっぱい積んで走っている車によく出会います。いつもうらやましい気持ちで見ています。本場の完熟ドリアンを本場で食べてみたいですね。
b0003360_9415296.jpg


by saladaengstore | 2006-12-10 09:43 | バンコクの風景 | Comments(0)
2006年 12月 06日

常宿でのルーム・サービス

 サラディーン駅から10分ほどのところで、ネットショップ「タイタイタイ」の仕入のためにジム・トンプソンの本店からは歩いて15分ほどのところにいつも宿泊しますが、このサービス・アパートメントにはレストランがありません。歩いて5分位の所に同じ経営者のホテルが在りますが、そこからの配達ですが、30分もあれば部屋に届けてくれます。
 3日に1回位夕食のルーム・サービスを取ります。日替わりメニューで、この日はあまり大したこと有りませんでしたが、結構まともな日本食が食べれます。これで170バーツです。タイビールを飲んでも200バーツちょっとですね。約600円です。タイ料理で疲れた胃にはやさしいですね。
 外に出ている時には、外で食べて来ますが、宿にいる時は夕方と云えども暑い外に出るのが大変です。食事をして来るだけで一汗かきますからね。シャワーを浴びないと食べれません。
 ご飯は日本米ですからやはり美味しいです。それに畳の部屋がありますから、そこでテレビを見ながらの食事です。ビールの一缶でも有れば満足ですね。時たまの日本食で酷暑のタイでも乗り切れますね。
 このサービス・アパートメントには電子レンジ、冷蔵庫は新品が揃えて有るのですが、ガスは出ません。次回の訪タイは2月ごろを考えていますが、その時はタイで小さな炊飯器を買って来て、おかずはスーパーやデパート等でタイ料理や日本料理等いくらでも買えますから、それでやる積りです。今から楽しみですね。
b0003360_547303.jpg


by saladaengstore | 2006-12-06 05:48 | バンコクの風景 | Comments(4)
2006年 12月 02日

スワンナ・プーム空港

 今年9月にオープンしたばかりのバンコク国際空港スワンナ・プーム空港の写真です。
 成田空港の3倍の面積を持つ空港だそうです。恐らく世界一、二の規模の空港ではないでしょうか。バンコクの都心からのアクセスはドムアン空港と大して変わらない感じで、時間もそんなに違わなかった感じです。30分位で空港に着きました。
 先ず、建物で目に付くのはガラスをものすごく使用していることです。従って、建物自体は無機質な感じを受けました。それと、やたらに歩く歩道が多く、それも勾配のある歩道がほとんどで、階段の変わりに使っている感じです。イミグレーションをくぐる前には、お店らしい物がほとんど目にしませんでした。まだ、隅から隅まで見たわけではないので分からないところも有りますが、空港に遊びに行って何かを食べたいと云っても、店の姿が見えませんでした。そんな所が少し寂しい感じがしました。
 成田空港でしたら、イミグレーションをくぐる前でも、いろいろのお店が有りますね。やはり成田は成田の良さが有りますね。
b0003360_664277.jpg

b0003360_67846.jpg

b0003360_672899.jpg

b0003360_674756.jpg


by saladaengstore | 2006-12-02 06:09 | バンコクの風景 | Comments(0)