タイ あれこれ

skawada.exblog.jp
ブログトップ
2017年 02月 21日

アーバインの日本食料品店

 カリフォルニア州アーバインには日本人も多く住んでおり、日本食料品店が何軒もあります。一通り何でも有って特に不自由はしないようです。しかし、価格は日本のスーパーなどより相当高い感じがしました。アーバインはロスから高速道路で南へ約1時間半ほどです。しかし、カリフォルニア州と云っても、日本の面積よりも大きいんですね。日本の1.1倍の面積だそうです。やはりアメリカは広いですね。

       タイシルクのスカーフやストール、ポーチ、バッグ等のタイのお土産は「タイタイタイ」をご覧下さい。
b0003360_154492.jpg


# by saladaengstore | 2017-02-21 15:04 | アメリカ | Comments(0)
2017年 02月 19日

アーバインの風景

 この度、急用が有ってアメリカのカリフォルニア州のアーバインに一週間滞在して来ました。ロスから南へ高速道路で約1時間ほどの所です。治安も良く各種企業の事務所が有り、Google等の大手企業も多く、また、彼らの一般高級住宅の街並みも続いていました。しかし、買い物に行くにも近くにあるのですが、歩いてゆくには遠く全て車での行動で、典型的な車社会であると改めて実感しました。それにしてもアメリカはやはり遠いですね。成田からロスまで行きは約11時間、帰りは向かい風のため約12時間ととてつもなく長時間の飛行でした。いつも行っているタイがとても近く感じました。

           タイシルクのスカーフやストール、ポーチ、バッグ等のタイのお土産は「タイタイタイ」をご覧下さい。
b0003360_11582792.jpg


# by saladaengstore | 2017-02-19 11:59 | 飛行機 | Comments(0)
2017年 02月 02日

カラー物が出て来ましたね。

 プミポン国王が死去されて約4か月になりますが、ようやくショッピングウインドウにも黒一色から赤等のカラー物が少しづつ出てくるようになりました。お店の明るさも少しづつ出てきたようで元のバンコクらしさを取り戻してきているようです。露店が表通りから消えて行っていることも有り、旅行者の私達にとっては寂しい感じでしたので良かったですね。

          タイシルクのスカーフやストール、ポーチ、バッグ等のタイのお土産は「タイタイタイ」をご覧下さい。
b0003360_14241941.jpg
   

# by saladaengstore | 2017-02-02 14:25 | バンコクの風景 | Comments(0)
2017年 01月 23日

人気パンカフェPAUL

 バンコクには、最近人気のパンカフェPAULが出来ました。フランスから来たお店で製法や材料などもフランスに忠実に再現しているようです。大変な人気でいつも多くのお客様で混んでいます。フランスパン等に各種ケーキ等も多く、若い女性等に特に人気で女性客が圧倒的に多いようです。日本にも出店しているようですが、世界的なチェーン店なのでしょうか。

         タイシルクのスカーフやストール、ポーチ、バッグ等のタイのお土産は「タイタイタイ」をご覧下さい。
b0003360_18162682.jpg


# by saladaengstore | 2017-01-23 18:17 | バンコクの風景 | Comments(0)
2017年 01月 07日

高層マンション

 バンコクでは年がら年中建設ラッシュの感じです。特に都心の駅周辺の空き地には高層ビルの建設が続いています。40~50階建て位の高層マンションが多いです。コンドミニアムと云われる賃貸マンションが多いですが、その家賃は月に4万から6万バーツ位が多いようです。1バーツ3.5円で換算して約14万円から21万円位です。日本の駐在員なども住んでいるようですが、会社負担がほとんどのようですね。勿論、掃除付きで、他に運転手付きの自動車のレンタカーを使っているようです。写真の高層マンションは高架鉄道BTSプルンチット駅前の景色です。

           タイシルクのスカーフやストール、ポーチ、バッグ等のタイのお土産は「タイタイタイ」をご覧下さい。
b0003360_1854040.jpg


# by saladaengstore | 2017-01-07 18:06 | バンコクの風景 | Comments(0)
2016年 12月 27日

バンコクの屋台

 タイには至る所に屋台が在りした。特に駅の周辺では多くの屋台が並んでいました。所が、最近その屋台が姿を消して来ています。10月にプミポン国王が死去されて自粛しているのかと思っていましたが、そうではなく、法令で通行の妨げになるとのことで禁止になって来ているようです。特に駅周辺の交通量の多いところでは、厳しく取り締まりがされて来ているようです。確かに歩道は歩き易くなりましたが、タイの魅力が激減したようにも感じます。小路に入った所に移ったりしているようですが、いつも歩いているところにないのは寂しい感じがします。特に私は屋台のタイラーメン(タイ語でクイッテヤオ)の味は最高でした。これは、タイに行く度に必ず屋台で食べます。いずれ復活することを期待したいです。

         タイシルクのスカーフやストール、ポーチ、バッグ等のタイのお土産は「タイタイタイ」をご覧下さい。
b0003360_17583164.jpg


# by saladaengstore | 2016-12-27 17:59 | バンコクの風景 | Comments(0)
2016年 12月 22日

バンコクの露店

 バンコク中心街のサイアム地区にあるワールドトレーディングセンタービルの前にできた大きなテントの露店の中です。マンゴスチンやドリアン、パイン、ココナッツ等の果物等のお店やお好み焼き屋、パッタイのお店等が20店ほど出ていました。この写真は私の大好きなマンゴスチンを大量に売っているお店です。マンゴスチンはとても甘く、また、この皮は美白効果が有ると言われています。1キロが150バーツ(日本円で約500円)ですからやはり安いですね。何しろ完熟ですから。とても美味しいです。隣には半分皮を剥いた果物の王様ドリアンが並んでいますね。

        タイシルクのスカーフやストール、ポーチ、バッグ等のタイのお土産は「タイタイタイ」をご覧下さい。
b0003360_1351248.jpg


# by saladaengstore | 2016-12-22 13:51 | バンコクの風景 | Comments(0)
2016年 12月 18日

さようなら!の像

 10月13日にプミポン国王が死去されて約2か月が経ちましたが、サイアム地区の高架歩道にはご覧のような花輪を持った6人の女性の等身大の人形が飾られていました。どう見てもご逝去の直後だけに私には「さようなら!」をしている人形に見えました。タイ国民の未だに国王に対する畏敬の念が強いことを感じます。

             タイシルクのスカーフやストール、ポーチ、バッグ等のタイのお土産は「タイタイタイ」をご覧下さい。
b0003360_113739100.jpg


# by saladaengstore | 2016-12-18 11:38 | バンコクの風景 | Comments(0)
2016年 11月 30日

ジム・トンプソンの家でのコーヒー

 「ジム・トンプソンの家」のレストランでは、バンコクに滞在した時には必ず訪れる私の憩いの場です。私にとってはバンコクのオアシスです。あちこち歩き回った後にここに来ることが多いのですが、1,2年前は中国の人が多かったのですが、最近はまた、元のように日本人やヨーロピアンやアメリカンの人達が増えてきたようです。ほどほどのお客さんの数で、とても落ち着いた気分でコーヒーなどをゆっくりと楽しむことができます。とても綺麗で広い庭園で緑いっぱいの南国情緒を満喫させてもらいます。目の前の池には大きな錦コイが沢山泳いでいます。とても綺麗な池です。

         タイシルクのスカーフやストール、ポーチやバッグ等のタイのお土産は「タイタイタイ」をご覧下さい。
b0003360_17583186.jpg


# by saladaengstore | 2016-11-30 17:59 | バンコクの風景 | Comments(0)
2016年 11月 19日

バンコクの広告映像

 先月10月13日にタイのプミポン国王が死去されてから1か月以上が経ちますが、バンコクの中心街サイアム地区にあります巨大な広告映像も国王の黒塗りの写真が大きく写されています。1年間を喪に伏すとのことですが、その通りあらゆる広告が従っている感じです。タイの人達の国王に対する気持ちが強いことを目の当たりにした感じです。いままでもタクシン派と反タクシン派との紛争が何回も有りましたが、最後は国王が仲裁に入って収集したのを目にして来ても、国民の国王に対する気持ちが並大抵のものでないことを再三見て来ました。今後はどのようになっていくのでしょうか。国王が変わっても賢いタイ人のことですから、上手く収拾していくようにも感じます。

      タイシルクのスカーフやストール、ポーチ、バッグ等のタイのお土産は「タイタイタイ」をご覧下さい。
b0003360_18123240.jpg


# by saladaengstore | 2016-11-19 18:13 | バンコクの風景 | Comments(0)